読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ときどき女の子

Web系無職が外界の眩しさに憧れるブログ

流れに身を任せて

数日前、来月末で会社を辞めることを上司に伝えた。

先月までは、塞ぎこんでて前向きに捉えられなかったこともいろいろ、今はよしとして消化出来ている。だから、上司と話すときもすんなり話せた。上司は毎度思ってること抱え込むなと言ってくるから、上司と話をした日に帰ってから悔しくて泣いたって話をしたら(こんな背景)、めちゃくちゃ動揺してて逆にびっくりした(笑)でも、この出来事は、会社を辞めるっていう決断を出来たひとつの出来事でもあったから、今となっては感謝してる。…って伝えたんだけどあんまり伝わってないのか、いつまでもくよくよしてた。上司的には、このまま戻っても忙しい環境で仕事を制限されるほうが、わたしの性格的に苦しいと思ったから、一緒に仕事したい気持ちはあるけど引き止めるのはやめようって思ってたらしい。それはよくわかってる上でも悔しくなっちゃったんだけど、直接こう言ってくれたから気持ちはストンと定位置に戻った。

 

いまやってるドラマ「ティファニーで朝食を」でのりちゃんがこう言ってた。

「なんだかんだ悩んじゃってるけど、結局流れに任せるしないんじゃないかなって。」

このあとのりちゃんは、恋愛に仕事にって全部を精算するかのように答えを出していく。

この台詞はホントにホントに共感した。何かを決めるのに流れに任せるって、無責任な感じがして認めたくなかったんだけど、でもどう考えても自然と答えって出ちゃってるなって。損益は頭の中で考えてるんだろうけど、そういう論理的な話と感情的な話は時間をかけて次第に混ざり合ってて、ひょこっと答えが出てくるもんだなあ、と。もっと責任ある立場だったらいろいろあるだろうけど、自分のことだったらこんなもんだなあってかんじ。

 

来月末には一回会社に行って、挨拶やらデスクの整理やらをしてくる。不思議と今は、一緒に仕事をしたメンバーに会いたいな。