仕事ときどき女の子

Web系無職が外界の眩しさに憧れるブログ

一生雨に濡れる事のない人なんているのかな。

天候の不安定さと比例して、わたしの脳みそも不安定になっていく。

        • -

病院、まだ行けてない。
行けてないのも、いろいろ理由がある。

いつも行ってるところは自宅からそれなりに電車に乗らなきゃいけない。
初めて行ったときは、そのときいた会社と自宅との間くらいでちょうどいいと思ってたから、
ここにしたんだけけど、会社も辞めたし家も引っ越した今は、小旅行ってかんじ。
でも先生の治療方針には賛成だったからずっとここに通ってた。

でも、電車にまともに乗れないから通えなくなった。
電車でちょっとの距離なら頑張れるかもだし、タクってもよいのだけど、
40分揺られるのはちょっとつらくて。
コンビニすら5分といられないのに。

それで、家の近くの病院を探すことにした。
なぜか家の周りには、心療内科とか精神科がやたらあるの。
しかも、その半分は入院おっけーな大きい病院。

個人的には、小さなクリニックでいいんだけどなあと思っても…
大きい病院の系列の診療所がほとんどで。
他のクリニックは専門が狭かったり、カウンセリングがなかったり、とかだった。

とりあえず、家から近い大きい病院に行くと決めた。
新しい病院みたいで、内装とかサービスの気配りも出来てそう…な気がした。
行かなきゃわかんないよね、こんなのさ。

今時の病院は相談窓口というものがある。
初診の前に相談出来るみたい。で、今の状況を相談した。
そしたら、今の病院では紹介状を取ってもらって、引き継ぎながら治療しますと。
ふむふむ。

ここまで2週間かかった笑
今日は紹介状もらえるかを今の病院に聞いた。
OKだったから、届いたら病院に行く!

      • -

仕事はなくなった。
条件変えてでも来てくださいと言われていたけど、
日常生活すらろくにちゃんと送れないのに、通勤するなんて出来ないじゃない。
営業さん、あんまり汲み取ってくれなくて、めんどくさいこともたくさんあった。

わたしは、一年前のそーうつの診断を受けたときに、一度死んだと思ってる。
あれから生活が変わってしまった。
今まで出来てたことが出来なくなった。
頑張るってなんだろうって、生まれてから積み上げてきた感覚的な度合いがわからなくなった。

仕事が好きな気持ちは変わらないけど、
もう自分がやりたい仕事を全力ではやれないんだろうな、と思う。
Webっていうものに対して、どういう関わり方をこれからしていこうか、
またひとつ、わからなくなる。

        • -

そろそろ、地元のほう帰ろうかとも思う。
地元じゃなくて、地元のほう。
地元は本当に帰りたくなくて笑
高校生のときとかよく遊んでた都心のほう。

帰って何が変わるのかわからないし、仕事もないんだけど、
慣れ親しんだ街っていうのは体に染み付いているんじゃないかと思う。
心が弱ってるから余計にさ。

      • -

東京に出てきたことに対した理由はない。
実家から出たかっただけで、それさえクリアになればよかった。
そこに東京があったから、ってかんじ。

初めて住んだ街は元彼との思い出の街でもあるから、
もうそこにはいたくない。
わたしのと思い出の街で、新しい彼女と新しい思い出を作っていると思うと、
潔くて褒めたくなるわ。皮肉じゃなくてね。

今住んでるところもなんにも思い入れがない。
てゆーか住みだしてまだ数ヶ月しか経ってないし。
てゆーか東京に来て5年しか経ってないのに3回も引っ越ししてる…
そりゃなんの思い入れもないわ。

      • -

元気ないときはMiyavi聴く。優しいうた。

雅-galyuu-流

雅-galyuu-流