読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事ときどき女の子

Web系無職が外界の眩しさに憧れるブログ

人生はフルーツバスケット

生活

あけましておめでとうございます!!

…と、一歩遅れてご挨拶。

でも、働いてないと、気持ちを新たに、とかそういうものも湧いてこない。周りのSNSの投稿を見渡せば、今年はどうしたいとか今日から仕事初めだとか、タイムラインに流れてくるわけですよ。(特にリアルアカウント)それを見ながら、なんとなく気分の雲行きが怪しくなって、慌ててアプリを閉じるのだ。

他人にとって普通なことがわたしの普通じゃない。

いろいろありすぎて自分の力だけじゃ手に負えない人生だから、他人とは比べようがない。「誰かと比較出来ない」って思うことは本当は勇気がいることなんだろうな、とも思う。

 

今年、出来るようにならねばならぬ事象が山積している。でも、目標を立てるのは好きじゃない。でもゆるーいのをいくつか挙げてみようかな。

  1. ひとりで東京に行けるようになる
  2. 外食でお腹いっぱい食べる
  3. 貯金に回せる余裕があるくらいの額の仕事をする
  4. 車で近場までいけるようにする

1と2は、またカウンセリングの記事書くときに詳しく書きたいけど、年末年始の宿題で短期・中期・長期で目標を出すっていうのがあって、考えた末これを長期目標にした。あまり急がず今年中には克服したいところ。

3は、今年中でなくてもまた一人暮らししたいからそれに向けて貯めたい。やっぱり実家にいつまでもいれない気がしてる。

4は車社会な地元では必須だと感じてるから。どこいくにも、誰を迎えに行くにも、運転出来ないと何も出来ない。行動範囲を増やすためにも必要。

あと恋愛は…それどころではないから保留。自分のことでいっぱいいっぱいだし。それに出会う場所がないしな…

ゲームは超がんばりたいね。やりたいゲームをやり尽くしたい。とりあえずポケモン龍が如く、様子をみてバイオ7をやります。(あくまで決定事項)

 

そうそう。最近、「フルーツバスケット」レンタルして読んでる。

こんなお話よ。

本田透は都立海原高校に通う女子高生。唯一の家族だった母親を事故で亡くし、小山で一人テント暮らしをしていた。ところがそのテントを張った場所は、同級生の草摩由希の一族が所有する土地だった。何とか交渉し敷地内でのテント暮らしを許可してもらおうとしていた時、土砂崩れでテントも失ってしまい、それがきっかけで由希が暮らす同じ一族の草摩紫呉の家に居候することに。 居候初日、透は草摩一族の秘密を知ってしまう。彼らは代々十二支の物の怪憑きで、異性に抱きつかれると憑かれた獣に変身してしまうという体質だったのだ。

 怪憑きの一族の当主に十二支の人たちや関係者は支配されているんだけど、主人公の透くんと絆を深めていくうちに心が解放されていく様が、ほっこりポイント。透くんの友達もいいキャラ。

みんな、それぞれ物の怪憑きによって家族との確執だったり物の怪憑き同士の関わり合いの葛藤だったりを抱えて、もがいてもがいてぐちゃぐちゃになって、それでも衝突を繰り返して、少しずつ素直になっていくんだよね。それが現代社会(?)に生きるわたしにも通じるなあとすごく思う。

今週のお題「2017年にやりたいこと」