仕事ときどき女の子

Web系無職が外界の眩しさに憧れるブログ

一緒にいても心だけひとり勝手に旅立つ人

最近は平穏な日々を過ごしてる。

        • -

毎日穏やか。
家で規則正しい生活を送って、
たまに近くのお店に買物に行く。
週一で病院。

そんなかんじ。

一人でどこか行くことはまだ出来ないけど、
母親と一緒なら、近場に買物に行ける。
TSUTAYA行ったり、UNIQLO行ったりね。
(近くに、たいそうなお店はない)

        • -

近頃はちゃんと身なりを気にするようになった。
ちょっと前までは、化粧すらろくにする気にならなくて、
服も同じやつばっかり着てたのに。

でも、やっとおしゃれしようって気になったのに、
去年太り過ぎて服がほとんど着れなくなったせいで、
今年着る服がなくなってしまった。
なけなしのお金を握りしめて、古着を少し買った。
明日届くな、わくわく。

        • -

で、そんなおしゃれしてどこに行くかってーと、病院。
いまの生活パターンで、家族以外の人と話すって、
病院の先生ぐらいなの。

いつも、診察とカウンセリングで2人の先生と会うんだけど、
カウンセリングの先生が同年代くらいかちょい下くらいの若い男の先生で。
仕事やってたときも同年代くらいの人いなかったから、
なんとなく珍しい気になってて、妙に緊張する。

腕時計のダニエルウェリントンがキラリと光る先生。
(多分どっかの別注であろう珍しいデザインの)

        • -

この前、カウンセリングの一貫で2分間雑談することがあった。

趣味の話で盛り上がってたところで「はいここまで」と、
バッサリきられた。そのあと、
「すごく楽しかったけれど、先に進めないと。これが僕の仕事なんで。」
同年代の人と話す機会あんまりないんで…と補足もされて。
それがまた妙におもしろくて、少し緊張した。

緊張?正直に言うと少しキュンとしたんだけどね…

        • -

それ以来、先生はとても興味深い対象になったのだけど、
気になることを聞けるわけでもないし、
淡々とカウンセリングを受けるしかないな。

これからもカウンセリングの一貫で、
普通に話せる機会もたくさんありそうだし、楽しみにしてようかな。

        • -

いま、山口百恵にハマってる。
TSUTAYAでベスト盤を借りてきた。

数年の間にスターの階段を華々しく駆け上ったアイドル。
その瞬間を目の当たりにしたかったな。

どの時代も愛とか恋とかに悩める子羊の思いは普遍よね。