仕事ときどき女の子

リモートワーカーになりました。

社長に愛されすぎて困ってます

社長が不思議なノリの人で、まあ、ただのフリーランスをいきなりCOOにするとか言っちゃうから(察し)ってかんじなんだけど、いつからだろうか、ものすごい愛を降り注いでくるようになった。

とにかく会いに来る。この1ヶ月、もう3回もうちの近くまでホテルとって泊まりで会いにきてくれた。そして、ずっと話してる。とにかくずっと、会話をしてる。会社は完全リモートだし、みんなエンジニアだから、ビジネスサイドの話を出来る人もいないし黙々と作業するかお客さんと話してるかを長年続けてたらしく、そういうことを話せる人がいて嬉しくてしょうがない…らしい。

わたしと初めて会ってから、(自分で言うのもアレだけど)好きで好きでしょうがないらしく。自分でも頭おかしいと思うけどビックリするくらい好きで、と社長はいう。これ言葉だけ聞けばキワドすぎる発言だけど、普通の人の発言でいうところの「あなたいい人ですね」くらいの感覚だと思う。(受け手がどう捉えるかに無頓着だからこうなっちゃうんだろうと、話してて思うから)とにかく毎日こんなかんじ。

 

先週は、忙しくて全然話出来てなかったからなのか、ふっ、と自分の接点を持つ人がいなくなり、しかも好き好き言ってくれる人との接点がなくなったわけだから、よくわからない喪失感みたいなものを感じて、こわくなったりもした。リモートワークは、自分の存在の肯定感みたいなものがスポッと抜けている。社長がわたしの存在を肯定して期待してくれてるから生かされていたというか。それが、喪失感という名の不安を感じて、初めてわかった。

そんなとき、忙しかった案件が終わったときに、「やっと終わった嬉しいー!」ってLINEくれた。これがすごく嬉しかった。嬉しいって思いを共有してくれたって事実とよかったよかったと思える反応。この2つが同じくらいの熱量を持ったことが、びっくりするくらい嬉しい。こんなことに喜んでるなんて自分らしくないな、とも思ったけど、久しぶりに純粋な「嬉しい」に出会えた気がしてあったかくなった。

 

それから、仕事中はきちんと仕事をこなして、夕方や土日に話をしながら仕事を片付ける。ときどき、深い話をしたりもする。この思いって何なのかなぁ、多分名前をつけられない類のものだと観念したほうがいいですねぇ、と淡々と確認し合ったりする。

こういうかんじで、うやむやにしておきたい。

社長はわたしが好きで、わたしも好意があるのだけど、やましい意味は一切含まれてない。当たり前だけど、密室で会っても絶対触れないし、仕事をすれば淡々と進む。行動については至って「仕事の人同士」の範疇。もどかしい、とは思えないし今後も思ってはいけない。

 

永遠なんか絶対信じない教の信者なのに、柄にもなく、ずっとこんなかんじで仕事をする仲でいれたらいいなと願っている。波風立つことがなくいたいなって。そういう人です。