今年の仕事運のなさ

いまやってる仕事の契約を今月で終了させることにした。

クソみたいに攻撃してくるモンスター社員を始め、話の通じない社長やリモートワークに慣れていない人たちとのやりとりが苦痛だったし、そもそもサービス自体が炎上していて有り得ないような不具合や運営の態度の尻拭いをしていることがつらかった。そんなつもりでこのプロジェクトに入ったわけではなく、当時ディレクターが私しかいなかったからついでにやっていたようなこの尻拭いの仕事が、いつの間にか私のミッションとなっていて、元々私がやるはずの仕事は別のディレクターをアサインされていて、完全に戻れなくなった。

駆け出しフリーランス、やりたくない仕事もやらなきゃ生活費も稼げない。でも、やりたくもない仕事にしがみついていたら、いつまでもここから離れられない。空いた時間でいろんな会社にアプローチしては、全部断られた。多分、私から負のオーラが出てしまっていたように感じる。今この仕事をしている以上、自分に余裕がないから何をやってもうまくいかないような気がして、悶々としていた。

今週の月曜、モンスター社員から嫌がらせのコメントをもらってやっと辞める決断に至った。 底辺の人間関係に悩んでまで銭を稼ぐことと思い切って仕事を終わりにして金はないがやりたいことをやる時間を作ること、これを天秤にかけて後者が勝った。でもそのときはなかなか決断に至れず、迷惑だけどその日の夕方彼氏に電話して話を聞いてもらった。何も得るものがないなら意味ないし、ちょっと休んだほうがいい、生活が心配ならサポートするから、と言われてやっと決断できた。

幸い先月、生活費2ヶ月分くらいの報酬をもらっているから、それでしばらく生活しよう。ダメな時は何やってもダメだし、いい波が来たら頑張ろう。彼氏の申し出は嬉しかったけれど、意地でもそれはしない。それを最低ラインとして別の仕事を見つけよう。とやっと決断できたのだ。

今年の運は、外見も内面もイケメンすぎる彼氏が出来たことに全部使い果たした感。フリーランスになったことは特に自分の中で大きな変化という感じもしてなくて(元々フルリモートで仕事してたっていうのもあるし)、仕事については無味無臭で無機質な向き合い方しか出来なかった。

しばらくは、前向きな仕事につながるように心身整えつつ種まきをする期間としたい。

だってしょうがないじゃない

だってしょうがないじゃない

そろそろ潮時かな

…と思うんだよね。仕事。

Webディレクターに向いてると向いてないの間を行ったり来たりしているうちに、正社員を辞め派遣いびりを経験したり怪しいプロジェクトを転々としている。

年々プロジェクトの質が悪くなる一方だ。今はこれまで経験してきたプロジェクトの中でもっとも質が悪い。毎日PMから電話かかってくるし、時には1日10回とかかけてくるし、報告を一文字も読まないで説教モードになるときもあるし、もうここまでくると人間としてどうかしてるの領域である。

立て直してやろうとか、私がどうにかしてやるんだ、みたいな気持ちも一切持てない。あっちが私の意見にNOというなら、NOに従うのみだ。すべてテキストに残して言った言わないにならないように常に自己防衛をしながら仕事をしている。はぁ。本当はこんなことに神経を使っている場合じゃないのに。やりたいこと形にしたいのに。そう思いながらもう2ヶ月近くこの仕事をしている。

他のチームのフリーランスの人達で、良くも悪くも「女っぽーい」感じの仲だ。うまいことDMでお礼を言ったりごめんねぇとか言い合ったりする。めんどくさいが、味方を増やしておくことで幾分か救われる瞬間もあった。これは根回しを続ける必要がある。

額面では申し分ない。今月、正社員時代の2倍は懐に入る。だが、私はお金が第一の生き方ではない。もちろん数ヶ月前に働いていなかった時期のお金を稼ぎたいし、今後の蓄えもしたいが、毎日ルーティーンに組み込まれているように、気がついたらどう言い訳をして辞めるかしか考えていない。結婚すると嘘をつこうか、友達の会社を手伝うと言おうか、持病が悪化と言おうか、はっきりお前とはやっていけねえんだよと言おうか…。そんなことを考えている脳のリソースで、何かひとつでもバグを潰したいのに、それが出来ない。虚しい。

正直、もうこの仕事を続けるには嫌なことを知りすぎたし、自分の能力にも限界を感じている。それに、一番の問題は限界を突破する気がないところだ。続けることに迷い続けて、自信も一緒に迷子である。もう少し、新鮮な空気を吸いたい。やってみたい仕事はある。未経験だが、何かしらチャレンジするつもりで、早速面談を取り付けた。こういう能力が私にはある。もう一度自信を持とう。今度はほどよい規模感の会社だ。メディアの運営に関わる仕事だ。毎日もう少しリラックスして過ごせる仕事をしよう。

昔に戻りたいなど1mmも思ったことないけど、今がよくないことはわかっている。元々仕事は好きだ。Webサービスに関わりたい気持ちはまだ持ってる。それを捨ててないならまだまだいける。あとは自分次第。居心地のいい場所を見つけては、また移動する。そうやって生きていこうと今日も思いながらこの瞬間にも次々とバグの報告が舞い込んでくる。

 

You don’t know me アナタの物差しでワタシをはからないで 余計なお世話

Egoist [Explicit]

Egoist [Explicit]

  • アーティスト: 東京ゲゲゲイ
  • 出版社/メーカー: KITERETSU MENTAL WORLD Co.,Ltd.
  • 発売日: 2018/08/08
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 この歌は男性に向けた歌だけども。

時々、双極性障害と言われた日のことを思い出す。

もうだいぶ昔のことのように感じる。私はまだ26歳で、東京で、ある大手アパレルEC企業の主力サービスのWebディレクターをしていた。

 

ここまで書いて、既に別人のことを話しているように感じる。私はこのときを境に、生活や生き方が変わってしまった。いや、変えざるを得なかった。変わらなければ死ぬしかなかった。当時死ぬという選択肢もあったが、やっぱりそれを選択するまでに至れず、今こうして生きている。

 

26歳から29歳までのこと。

仕事という見えない敵にがんじがらめにされて、いつの間にか自分が抜け殻になっていった。朝が来ると泣いて、夜が来ると明日が怖くて震えた。這いつくばって医者に行くと、双極性障害という診断をもらった。ついでに社交不安障害という診断までついてきた。

休職を経て退職、その後つなぎで始めた派遣の仕事で上長に嫌われ仕事を干され、挙げ句朝のラッシュでパニック障害を発動。もともと自覚のあった嘔吐恐怖症もこじらせ、とうとう東京で暮らすことすら不可能になり実家に戻った。

実家で療養も兼ねてリモートワークで仕事を始めた。ある会社に就職し一人暮らしを千葉でまた始められた。仕事は社長と二人三脚でうまくやっていたつもりがほぼクビを切られる形で退職。

 

 

この数年で学んだのは、仕事は楽しいものじゃないということ。もちろん、Webサービスのことをあれやこれやを考えるのは好きだが、それに付随する人間関係がひどく億劫だ。そのせいで仕事は楽しくない。

私は人並みに人とうまくやっていけない。そうハッキリと気づいた。極力人と関わらない生き方をしないと、自分が自分でなくなってしまう。子供の頃からだましだましやっていたことがとうとう避けられなくなってしまった、ただそれだけのことだった。

「仕事で得た素晴らしい経験や人脈」「仕事を通じた自己実現」などというきらびやかな言葉を打ち砕くように嫌な人や出来事にたくさん触れて、ようやく気づいた。仕事に打ち込んではいけない、と。

これは一見とてもネガティブで救いようのない気づきのようだけど、その気づきが今の私の平穏な暮らしを導いてくれたのだ。世の中、ネガティブな出来事が人を救うことだってあるのだ。ドラマのようにわかりやすくて筋の通った結論というわけにもいかない。

 

そして今の私は30歳。会社に属さずWebディレクターをしている。リモートワークで、ほぼ誰にも会わずに平日を過ごしている。朝のラッシュにも乗らない、好きな時間に好きな場所で仕事をし、女ひとりが難なく暮らせるほどの報酬をいただき生活している。

一応病院に通院していて、薬もほぼ26歳のときと同量もらっているけど、飲み忘れがひどくてあんまり飲めていない。血液検査でも医者にバレるレベルで薬の成分の血中濃度が薄い。でも、私自身とても心身ともに健康でいる。通院やめようかと思うくらい落ち込むこともないし、ハイになることもない。

 

時々こうしてあのときのことを思い出す度に、26歳のとき読み漁った同じような境遇の方が書いたブログを読む。今も苦しんでいる方も大勢いる。でも、苦しいながらも頑張って会社に行って、がんばって人と接している姿を見ていると、本当に心から強い人だなと思う。心の病は人間としての強さ・弱さと比例するものではない。人間として強いからブログを書けるし、また社会に立ち向かっていける。それは素晴らしいことだと思う。

社会という枠組みに押し込んだときに欠けたりはみ出したりしちゃっただけのことであって、別に社会の中に押し込まなければ症状として出てこなかったかもしれない。ただそれだけのことなのに、苦痛を強いられる世界はとてもつらい。どうかそういう強い人達が救われる世界がどこかにあって、無事たどり着いて欲しい。と切に願う。

 

 私は私よ、特別じゃない。どこにもいるわ。

少女A

少女A

 

 

 

アカウント戻したよ

こっちではお久しぶり!

ちょっと横道それてアカウントを運営しとりましたが、こっちに戻ってきたよ〜〜

はてなブログに記事を移動したから見てね。

 

このアカウントを離れてた半年間であったことがてんこ盛り。

ふふふ。イラつくこともあったけど元気でやってます。

 

結婚…?

…の話がぼちぼち出る。結婚したい一緒に住みたい、と彼氏に言われる。世間では普通、彼女側が彼氏側を揺さぶるものなんだろうけど、私は逆だ。 彼氏の両親も急かし気味である。そして、異業種の私が彼の会社を手伝えるのかと心配しているくらいだ。彼氏の会社は同族経営。次期社長。彼が社長になったら私も役員になるだろう。

当の私は、正直何も考えてない。何も、というわけではないけれど、例えば私が毎日彼氏のために朝からおにぎりを握ったり弁当を作る、みたいな想像が出来ない。私が誰かのために貢献するなんて、とてもじゃないが想像出来ない。彼はきっとどんな場面も味方になってくれるだろうけど、めんどうなことが出来たときに逃げられない。私が一番苦手なやつだ。とにもかくにも、何も想像が出来ないのだ。

両親世代に共通することは、0が100かでしか物事を進めたり捉えることしか出来ないということだ。専業主婦になる、会社の役員になる、嫁に入る…となったらその言葉に従ってそれに人生を捧げる想像しか、彼らは出来ない。 人生、何足わらじを履いたっていいわけで、大人なんて自由に生きていいわけで。仕事の割合はフリーランスと会社役員と半々だっていいし、朝と夜だけは主婦として家事をこなせばいい。でも彼らは理解出来ない。覚悟がないとか、そういう言葉で片付けられそうだ。

昔から婿を取れと言われて育ってきた。女2人の家系では、父方母方の相続は私と妹に分配される。付き合う男が長男だとがっかりされた。そして今もがっかりされている。私が嫁に入ると言ったら、なんと言い返すだろう。あまり想像したくない。

要するに結婚とは当事者以外のためにするものだ、という認識は、結婚適齢期なんて言われる今日までずっと離れられない。一緒に居たり住んだりするだけなら、わざわざ結婚という契約をしなくたっていいわけで、両親や(もしかしたら)生まれてくる子供のために書面にし届け出るものなんだろうと思う。

友達は最近、結婚したい、結婚すれば幸せになる、とよく言う。私はまったくそうは思わないけど、友達は将来の旦那さんと幸せになる想像が出来ている側の人間であることに、少し羨ましさを感じている。彼氏はとてもいい人で、気が遣えるし鍋に入っている野菜のアクを取れるような人間だ。生活の中で私を悩ませる行動はほとんどしないだろう(とてもヤキモチ焼きなところだけが玉に瑕)。それでも結婚というボスが間に割って入ってくると、途端に目を背けたくなるのだ。

でもこのビッグウェーブに乗っかるように、流れに身を任せるように結婚するんだろう。めんどくさいことをめんどくせぇなぁとかお互いに言いながら結婚するんだろう。プロポーズされたら、私は嬉しく思うんだろうか。それとも、「婚約指輪はいらないからいい部屋を借りる資金にしよう。結婚指輪も高いものより誰ともかぶらないところのを買おう。」と感動の場面をぶっ壊し、冷静に伝えるんだろうか。彼だけを見ていればいい結婚なら喜ばしいが、それ以外のことがネガティブ思考の渦である。

幸せになろう

幸せになろう

この人生は夢だらけ

昨日やっと生きられるだけの金が入ってくる仕事にありつけた。

恨み節満載の記事の下書きがあって、それをあやうく公開するところだった。その前に仕事が決まってほっとしている。この一ヶ月、応募しても無視されたりリモート?ふざけんな的なことを言われたり仕事を任せたいと言われたっきり音信不通になったり、疲れることばっかりだった。朝起きてちょっと泣きそうになるような毎日だったけど、決まるときはすんなり二つ返事で決まるもんだ。

とはいえ、時給は普段よりずっと低いし、理想郷にたどり着くにはまだまだである。だが、まだ駆け出しフリーランスである。少しずつ歩んでいこうじゃないか。

 

人生プラマイゼロ。常にそう頭の中に描いている。それにどん底でも、結果的に時と共にどうにでもなる。社会人になってから手にしたものを、数年前から少しずつ手放していった結果、今の自分になった。逆に抱え込んで抱え込んで今の自分になっていたら、もっと悲惨な今だったのかもしれない。

まさか自分がフリーランスになるとは思ってもなかった。いろいろ抱えていた頃の自分にとって、フリーランスは理想郷でもあったし、会社というブランドや役職なんかを捨てきった自分でもある。よくも悪くもない。

でも、今はこれでいいと思ってる。仕事は楽しみたいけど自分の30%くらいを使って行うもので、それ以外は彼氏や趣味と向き合う生活。それでいい。貯金が尽きても、今日食うものに困っても、生きていれば彼氏に会えるしゲームは楽しい。 残るのはそれだけだ。

人生は夢だらけ

人生は夢だらけ

 

 

不安との戦い

毎日自己嫌悪と後悔と恨みが交差して疲れる。 それでもわたしゃ食って行かねばならん。契約終了まで細々とあの会社に関わらなきゃいけない。めんどくせえ。どんどん気持ちが沈んでいく。ただ生きたいだけなのに。 週10時間の仕事だけしかない。他の仕事は断られたり連絡なかったり、どう考えてもマイナスの波に乗っかってる。貯金を食いつぶすか。借りてるMacBookを返すからMacBook買い直して痛手な貯金口座を目の前にして、青ざめていく。 それでも。わたしは生きて行かなきゃならない。それも正気を保ったままだ。難易度が高すぎる。 彼氏に冗談で「いざとなったら養ってあげるよ」と言われた。その言葉に寄っ掛かったところでわたしは納得しないし、むしろ余計自分を許せなくなる。あーあ、もっと楽な方向に転がり続けても何も考えずに済む脳になってほしい。